シアリスの処方と副作用

シアリスの処方と副作用

行動メカニズム

シアリス(タダラフィル)は、生体内で周期的グアノシン一リン酸(cGMP)を
分解しているタイプ5ホスホジエステラーゼ(PDE-5)の酵素活性を妨げます。
ペニス半影部のNO活動関連の神経系上でこの行為として、血管を拡大します。
そして、血流が増加するので、それが機能すると思われます。

勃起障害の症状があるとき、ペニスは通常性交を立てて、実行することができます。
性的な刺激があったとき、勃起が起こることは、勃起機能改善効果です。
そして、そうさせられない酵素が、働いて、性欲促進剤でを服用してないので、性的な欲求を悪化させます。

副作用

落ち込みアクションが組合せによってそれを硝酸エージェントまたは一酸化窒素(NO)
補助金エージェント(ニコランジルのような硝酸塩薬)で補強して
血圧を過度に下がらせるかもしれないので、組合せはタブーです。

死例を含む心筋梗塞のような重態の心血管系のような有害な現象が報告されるので
十分な投薬量の前に心血管系障害の存在を確かめることによる警告はされます。

どのお薬も恐いですね。
でも、副作用がある中で、認定してること自体、おかしいと思いませんか?
結局、その機能を和らげるために処方されて、副作用が起こるなら、体に害ですよね。

そして、それは、抗がん剤も一緒だと、私は思うんですが…

最近の紹介

用途別

リンク